TOP > その他の活動
活動内容

その他の活動

TOP > その他の活動

里親子支援

日本には、さまざまな事情から実家庭で生活できない子どもが約45,000人存在します。
そうした子どもたちを家庭で預かり、育てるための制度を「里親制度」といいます。

Living in Peceは、世田谷区でフォスタリング事業を手掛ける児童養護施設・東京育成園と2019年より協業を開始し、里親制度の普及啓発事業の企画・運営を共に実践してまいりました。

Image


2020年10月にはフォスタリング機関の公式ホームページ「SETA-OYA」を公開。

その他にも、里親家庭のインタビュー連載「家族の食卓」の制作や、Twiiter・Lineを活用した情報発信、普及啓発イベント「里親カフェ」の開催、チーム養育体制の整備、里親家庭の養育相談援助の強化など、子どもたちが温かい家庭で生活できるよう、さまざまな取り組みを行っています。

Image
Image

来年度には、里親検討者向けのリーフレット制作や、世田谷区の子育て支援情報が一覧化された「里親支援マップ」の作成などを予定しており、引き続き、里親制度の普及啓発の強化に努めてまいります。

こどもフォーラム

子どもの貧困にまつわる社会情勢は、日々刻々と変化しています。
そうしたなか、社会的養護のありかたも日々変わっていかなければなりません。社会的養護はいかにあるべきなのか。
これは、私たちみなで考えていかなければならない問題です。

そうした機会を創出するため、Living in Peaceは数多くの社会的養護にかかわる専門家の方々をお招きし、不定期で「こどもフォーラム」を開催しています。

Image

2017年のこどもフォーラムの様子

アドボカシー

Living in Peaceは認定NPO法人として非営利事業を行っていくだけではなく、官民問わず様々なセクターと連携をすることによって、社会に対しより大きなインパクトを生み出すことの重要性を認識しています。

その一環として、全国の自治体および民間団体の有志が参加する「子どもの家庭養育推進官民協議会」において2016年の協議会設立以来、代表幹事を務めています。
また、2016年度には宮崎県日南市における子どもの貧困対策事業のアドバイザーを務め、当市の小中学生を対象とした悉皆調査、およびその結果の分析を通じて「日南市子どもの未来応援プラン」策定に関わっています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

ファンドレイジング

Living in Peaceの事業を継続するため、個人・法人の皆さまを対象としたファンドレイジング活動をしています。
具体的には、各事業の活動内容、資金ニーズや事業成果について活動に興味を持っていただける方や寄付者の皆さまにお伝えしています。

また、ご寄附を頂いている法人様とのイベントの企画・開催(主に休日・祝日)についても実施しています。