TOP > 実親子支援
活動内容 実親子支援
TOP > 実親子支援

実親子支援事業が目指す姿

虐待をしてしまう親への適切な支援を通じて、実親とともに暮らすことを望むすべての子どもに、実親のもとでの適切で十分な養育環境を提供することを目指します。

虐待をしてしまう親への適切な支援を通じて、実親とともに暮らすことを望むすべての子どもに、実親のもとでの適切で十分な養育環境を提供することを目指します。

背景・課題

社会的養護のもとで親と離れて生活している子どもは約4万5,000人。その多くは、親からの虐待(身体的虐待・心理的虐待・ネグレクトなど)を受け、保護された子どもたちです。


保護によって子どもたちの安全は確保できます。しかしたとえ虐待を経験していたとしても、子どもは親を求め、家庭に戻ることを望んでいます。辛い経験をしてもなお、関わりを絶つのではなく、親が変わってくれることを願っているのです。

Image


*¹ 出典:東京都における児童養護施設等出身者の実態調査2017(東京都)

一方、虐待をしてしまう親の多くは、自身がパートナーからのDV被害にあっていたり、子ども時代に性暴力や深刻ないじめ、虐待を受けていたなどの被害経験があることが、近年さまざまな研究から明らかになってきました。虐待は決して、許されるものではありません。しかし、虐待の原因を親の「人間性」に帰すだけでは、問題は解決しないのです。

私たちが考える解決策

虐待という問題を解決し、子どもと親が再び一緒に暮らせるようになるためには、まず親自身が自分の過去と向き合い、子どもと向き合い、その過程で回復し、虐待的な言動に終止符を打つ必要があります。そして、周囲のサポートも欠かせません。

私たちが取り組む具体的な施策

Living in Peaceは、本事業の最初の取り組みとして、「MY TREEペアレンツ・プログラム」という効果的なプログラムの展開を支援することにしました。


このプログラムは、長年米国の児童虐待防止分野に携わってきた森田ゆりさんが、2001年に開発したものです。森田さんは国内でもっとも早い時期から親支援の重要性を唱えるとともに、プログラムのファシリテーターを育成しながら実践を重ね、これまでに1,000名以上の虐待をしてしまう親の回復を支えてきました。10名前後の参加者と3名ほどのファシリテーターが1つのグループとなり、毎週2時間の濃密なグループセッションを、4ヶ月にわたって全13回行います。


このプログラムでは虐待を「親自身が過去に人として尊重されなかった痛みや悲しみを怒りの形で子どもに爆発させている行動」と捉え、「セルフケア」と「問題解決力」を回復することで、虐待的言動を終止させることを目指しています。


私たちは同プログラムの本質的な視点に深く賛同し、全国のより多くの地域での実施が可能になるよう、広報やクラウドファンディングの側面で支援を行っています。


◆MY TREEペアレンツ・プログラム 「新・子どもの虐待」森田ゆり著から引用  グループセッションの様子 Image

Image

これまでの活動

広報においては、一般社団法人MY TREEのホームぺージ制作を資金面および開発面で支援し、2019年4月にリニューアルを実現しています。https://mytree-p.org/


クラウドファンディングにおいては、2018年11月に、 “#こどものいのちはこどものもの”でこれまで虐待防止活動をされてきた犬山紙子さん、坂本美雨さん、福田萌さん、ファンタジスタさくらださん、眞鍋かをりさんが*¹Readyforと共同で立ち上げた「社会的養護啓発プログラム こどもギフト」のキャンペーンに参加することを決め、「MY TREEペアレンツ・プログラム」の実施資金を集めるクラウドファンディングを実施しました。


目標額の180万円を12日間で達成し、総額377万円、2グループ分の開催資金を集めることに成功しています。(1グループのプログラム開催には、年間約150~200万円の資金が必要です)


Image

*¹Readyfor:クラウドファンディングサイト(https://readyfor.jp)

期待する成果

広報においては、ホームぺージのコンテンツ拡充および寄付のプラットフォーム整備後、アドバイザリーとして関わることを通じ、2021年度末時点までに一般社団法人MY TREEに対する年間200万円の寄付収益の達成を見込んでいます。 クラウドファンディングにおいては、2019年度に2グループ(横浜・宮崎)の「MY TREE ペアレンツ・プログラム」を開催し、最大20名の親支援を予定しています。

今後の展開

Living in Peaceは、虐待をしてしまう親を支援することの本質性・重要性を世に広めるとともに、支援を必要とする親の回復をより多く実現するために、個別プログラムの支援から、新しい事業の立ち上げまで、幅広く取り組んで参ります。