TOP > 実親子支援
活動内容

実親子支援

TOP > 実親子支援

実親子支援事業が目指す姿

複合的な困難を抱える家庭に対して回復支援プログラムや適切な支援に繋がる機会(児童福祉施設を通じた退所者向けギフト企画等)などを提供することで、社会的養護の内外を問わず、すべての子どもたちに実親のもとでの適切で十分な養育環境を提供することを目指します。

複合的な困難を抱える家庭に対して回復支援プログラムや適切な支援に繋がる機会(児童福祉施設を通じた退所者向けギフト企画等)などを提供することで、社会的養護の内外を問わず、すべての子どもたちに実親のもとでの適切で十分な養育環境を提供することを目指します。

背景・課題

社会的養護のもとで親と離れて生活している子どもは約4万5,000人。その多くは、親からの虐待(身体的虐待・心理的虐待・ネグレクトなど)を受け、保護された子どもたちです。


保護によって子どもたちの安全は確保できます。しかしたとえ虐待を経験していたとしても、多くの子どもは親を求め、家庭に戻ることを望んでいます。辛い経験をしてもなお、関わりを絶つのではなく、親が変わってくれることを願っているのです。

Image


*¹ 出典:東京都における児童養護施設等出身者の実態調査2017(東京都)

一方、虐待に至ってしまった親の多くは、自身がパートナーからのDV被害にあっていたり、子ども時代に性暴力や深刻ないじめ、虐待を受けていたなどの被害経験があることが、近年さまざまな研究から明らかになってきました。虐待は決して、許されるものではありません。しかし、虐待の原因を親の「人間性」に帰すだけでは、問題は解決しないのです。


また、実親と一緒に暮らしているけれどもさまざまな困難を抱え生活し、虐待には至らずとも虐待リスクの高い家庭も多く存在しています。

私たちが考える解決策

2017年に公表された「新しい社会的養育ビジョン」では、「家庭養育優先の理念」が示されました。そうした中で虐待という問題を解決し、すべての子どもと親が健全に生活できるようになるためには、以下2つのアプローチが必要だと考えています。


<虐待加害からの回復支援>
既に虐待に至ってしまった場合、まず親自身が自分の過去と向き合い、子どもと向き合い、その過程で回復し、虐待的な言動に終止符を打つ必要があります。


<虐待予防のための支援>
複合的な困難(経済的貧困やDV被害、親の精神疾患など)を抱える家庭は社会的に孤立し、必要な支援に繋がれていないことが少なくありません。虐待を未然に防ぐためには、そうした家庭を関係機関を通じて物的支援及び心理社会的支援に繋げる(ソーシャル・キャピタルを増やす)ことが重要です。

私たちが取り組む具体的な施策

Living in Peaceは、上述2つの解決の方向性に対し、それぞれ下記のとおりの具体的支援を展開しております。


<虐待加害からの回復支援>
ひとつは「MY TREEペアレンツ・プログラム」という効果的なプログラムの展開支援です。


このプログラムは、長年米国の児童虐待防止分野に携わってきた森田ゆりさんが2001年に開発したもので、虐待を「親自身が過去に人として尊重されなかった痛みや悲しみを怒りの形で子どもに爆発させている行動」と捉え、親たちの「セルフケア」と「問題解決力」を回復することで、虐待的言動を終止させることを目指しています。


私たちは同プログラムの本質的な視点に深く賛同し、全国のより多くの地域での実施が可能になるよう、広報支援やファンドレイズ支援を行っています。

Image

<虐待予防のための支援>
一方の虐待予防の観点からは、複合的な困難を抱えている家庭のひとつとして、母子生活支援施設(以下、母子施設)の退所家庭にギフトを届け、物的支援及び心理社会的支援に繋げる事業(Chance Makerギフト)を行っております。


母子施設とは、深刻なDV被害(DV被害者は入所者の54%)や生活困窮、メンタル不調などの困難を抱えた母と子が、厳しい状況のなかであっても離ればなれになるのではなく、一緒に生活しながら危機を乗り越え、ふたたび社会に船出していくことを支援するための児童福祉施設です。


しかし、残念ながら退所世帯の約4割が入所時の課題を解決出来ておらず、多くの困難を抱えたまま退所し、社会的養護の「外」で孤立する母子が少なくないのが現状です。更に昨今の新型コロナウイルスにより、経済的困難や精神的孤立が深刻化していることが想定されます。

Image

そこで私たちは母子施設を退所したお母さんとお子さんを対象に、下記のような目的で母子施設を通じたギフト提供(宅食や家事代行サービスなど)を実施しております。

①ギフトによる金銭的・身体的負担減
②施設とのつながり(ソーシャル・キャピタル)の回復、精神的孤立の緩和
  →世帯の抱える生活問題について「頼れる人」の数を増やす。

これまでの活動

<虐待加害からの回復支援>
広報においては、一般社団法人MY TREEのホームぺージ制作を資金面および開発面で支援し、2019年4月にリニューアルを実現していますhttps://mytree-p.org/)。


資金面においては、上記ホームページによるファンドレイズサポートの他、2018年11月には「MY TREEペアレンツ・プログラム」の実施資金を集めるクラウドファンディングを実施。目標額の180万円を12日間で達成し、総額377万円、2グループ分の開催資金を集めることに成功しています。


Image

<虐待予防のための支援>
2020年夏に第1回Chance Makerギフトとして、先進的な取り組みを行っている都内の母子施設にご協力いただき、施設退所世帯(約30世帯)を対象にギフトをお贈りしました。https://note.com/lip_kodomo/n/n630e07697020


Image

ギフトお届け後に行ったアンケートでは、お母さん方から嬉しい声をいただくとともに、ご協力いただいた母子施設の職員の方からも、「入所時から施設を頼りにしているようには見えず、退所後も全く連絡を取っていなかったお母さんが、現在抱えている悩みについて初めて相談の連絡をくれた」というエピソードをうかがうことができました。

期待する成果

<虐待加害からの回復支援>
ホームページのコンテンツ拡充および寄付のプラットフォーム整備後、アドバイザリーとして関わることを通じ、一般社団法人MY TREE寄付収益、プログラム実施世帯の増加を見込んでいます。


<虐待予防のための支援>
2020年12月現在、Chance Makerギフト第二弾(クリスマスギフト)として関東圏の母子施設を対象に公募を行いhttps://kodomo.living-in-peace.org/2020/10/16/chance-maker-gift/) 多数の応募をいただいた中から3施設を助成先に決定し、計約65世帯にギフトをお贈りする予定です。今後も定期的なギフト企画を通じて、母子施設を退所した親子を心理社会的支援に繋げることにより、虐待予防に寄与することを想定しています。

今後の展開

Living in Peaceは、虐待に至ってしまいそう、あるいは至ってしまった親を支援することの本質性・重要性を世に広めるとともに、さまざまな困難を抱える親子により適切な支援を届けるために、個別プログラムの支援から新しい事業の立ち上げまで、幅広く取り組んで参ります。


特にChance Makerギフトの実施を進めていくにあたっては、前述の目的のみならず、他機関との連携も図りながら母子施設退所世帯の困難やアフターケアの重要性を表面化させる取り組みも行うことを検討しています。


今後も「すべての子どもにチャンスを」というビジョンを実現すべく、社会的養護の内外を横断し、あるべき支援を追求して参ります。