TOP > Chance Maker 奨学金 > 奨学生募集
活動内容 奨学生募集
TOP > Chance Maker 奨学金 > 奨学生募集
2020年度 ChanceMaker奨学金 奨学生募集の受け付けは終了いたしました

特定非営利活動法人 Living in Peaceは、機会の平等を通じた貧困削減を目標に社会的養護のなかで暮らす子どもたちの支援をしています。本奨学金は、社会的養護に関わる児童福祉施設等出身(※1)の子どもが、経済的事情に関わらず進路選択ができるようになることを目指しています。つきましては、2019年4月から大学または専門学校等への進学を希望する子どもを募集いたします。

※1 児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、自立援助ホームを含む児童福祉に関する事業を行う各種の施設


1.概要
○支給額:月額6万円
○資金提供の形式:給付型(返還の義務なし)
○支給期間(※2):給付開始月から卒業する月まで
○対象となる子ども:2019年4月に大学や専門学校に入学する子どもで、社会的養護に関わる児童福祉施設等に在籍していた子ども
○使途:住宅費に限定
○2020年度募集予定人数:若干名

※2 休学等の際は、給付を停止することがありますが、災害・傷害等による休学等は考慮されます。給付の継続が相当でないと認められる一定の事由が生じた場合には、奨学金の給付を打ち切り、給付した奨学金の返還を求める場合があります。

2.条件
〇社会的養護出身者であること
〇経済的な理由で、進学の継続が容易ではない状況にあること
〇本奨学金事業の趣旨を理解し、次世代のロールモデルとなれる子ども
  具体的には、以下4つの点を考慮。
  1)つながる力
  施設出身者のロールモデルとしての役割を果たすために、他者の考えや立場を理解し、相手の意見を聴いて自分の考えを正確に伝えることができると共に、自分の置かれている状況を理解し、役割を果たすことができる力。
  2)えがく力
  進学後に自らの実現したい夢や希望を自分の言葉で話すことができ、他の施設の子どもたちにとって身近な目標となりうる力。
  3)みつめる力
  進学後に学業とアルバイトの両立等の金銭的・時間的にも厳しい状況の下で、前向きに物事を捉え、ストレスを適切にコントロールしながら、学業を継続することができる力。
  4)うごく力
  進学後の限られた時間のなかで、勉学・アルバイト・就労準備等を行うために自ら情報を収集して、段階的に計画を立てて、積極的に行動することができる力。

〇本奨学金事業の運営のために、給付期間中、以下の点でLIPに協力できること
1)次世代に進学の経験を伝えるための、児童福祉施設の子ども達との交流会に、年2回(目安)参加する意志をもつこと
2)奨学金の資金源となる寄付者への説明責任を果たすこと
・家賃証憑(しょうひょう)を毎月LIPに送付
・寄付者向けの報告書を年2回LIPに送付
※本人の同意を得た上で、寄付者へ同様の内容を送付します。

〇フェローシッププログラムへ参加する意思があること
・月2回のミーティングへの参加
・事業チームへ参加しての活動(週2時間)
・Skypeでのミーティング参加
・外部団体、関係者へのメールでの連絡
・事業に必要な情報調査(インターネットでの情報収集)
・企画・イベント運営のサポートなど
※参加内容については、本人と相談の上決定します。​

〇進学先が関東近郊であること
〇施設または第三者の推薦があること

3.奨学生確定までのスケジュール
1)申込〆切(2019年4月30日(月)に締め切りを延長しました)
「LIP奨学金プログラム応募用紙(児童用)」「進学の旨がわかる書類」「職員及び第三者による推薦状」及び「資金シュミレーション」に必要事項を記入し、下記事務局のメールアドレス宛に送付していただきます。
E-mail: kodomo@living-in-peace.org (認定NPO法人Living in Peace こどもプロジェクト)
2)面談(2019年4月以降順次)
奨学生本人と施設職員または第三者と面談
3)奨学生と覚書の締結
4)給付開始
奨学金の給付は、2019年5月以降となります。
※面談のスケジュールにより給付開始が後ろにずれる可能性があります。

4.応募について
応募を検討される方は応募に関する資料をお送りいたしますので、以下のアドレスに件名を「2020年度 Chance Maker奨学金応募資料請求」としてメールをお送りください。

E-mail: kodomo@living-in-peace.org(認定NPO法人Living in Peace こどもプロジェクト)

ご質問等ございましたら同アドレスまでお問い合わせください。